まずは知っておいて欲しい訪問介護の特徴

病院内で提供する看護とことなり、訪問看護は利用者のお宅へ出向いて看護するサービスとなります。

そして、そのサービスには費用がかかりますが、様々な保険も使うことができます。

同じような看護にみえますが、そこには違いがあります。その違いを知っておいてください。

1.生活の場で看護を提供する

利用者が生活している場、つまり自宅であったり、家庭の中にいるまま看護を提供します。

そのため、病院に比べ、医師・看護師や医療機器など「医療環境」においては不十分な点もあります。

ですが、利用者の生活を崩さずに、生活環境を維持したまま支援を行えるのが訪問看護です。

在宅でいることにより、気持ちの張りを維持できるような場合もあるでしょう。

そのように、暮らしの質と幅を広げる支援が行えるのが「訪問看護」です。

2.単独でのケア

訪問看護は、基本的に看護師が一人で利用者宅に出向いて、看護を提供します。

もちろん、医師と連携はしています。ですので、提供する看護に心配はありません。

訪問看護では、さらに看護を通して生活の質や問題点も把握しています。

ひとりでケアするからこそ、看護師さんひとりひとりの資質も大切になります。

3,医師との関係

病院と異なり、訪問看護ステーションには医師はいません。

利用者の主治医が作成する指示書に基づいて看護を提供します。

病院であれば、医師の診断や指示で看護が提供されますが、訪問看護は単独での訪問で提供されます。

訪問看護師は、利用者の生活の問題点・条件など、医師には把握できない状況も把握し、看護ステーション内で共有することはもちろん、必要な情報を医師などと共有します。

それだけに、看護師本人の資質はもちろん、医師との緊密な連携が求められています。

4.異なる所属機関やサービスとの連携

在宅ケアは、ヘルパーなどの介護職やケアマネージャーなど、多くのサービスが関わっています。

訪問看護もその1つであり、利用者さんに関わる方の機関や行政、多くの職種との連携が不可欠です。

 

利用者のための看護

このように利用者のために最適な看護を提供できるよう、さまざまな機関ともうまく連携することが必要です。

自宅での看護や介護は医療のレベルでみれば病院には劣りますが、それを補うメリットもたくさんあります。

すべては利用者様の健康を保ち、また適切な看護を提供するためです。

わたしたち「ゆうゆう訪問看護ステーション」では、常にこのことを頭に入れ、日々の訪問看護におこなっています。

 

関連記事

  1. 訪問看護とは? | 在宅看護・療養をお考えの方へ

  2. 2025年のスーパー高齢化問題

  3. ゆうゆう訪問看護ステーションのwebサイトが誕生しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP